ランログ

ランニングのためのログと日記。

三茶で飲んで反省した

❖ ランニング

 飲みのため走っていない。

 

❖ 仕事の反省点

 特になし

 

❖ 日記 - 三茶で飲んで反省した

 三茶で飲んだ。大学時代からの友人に連絡して。

 以前から連絡していたのだが、インフルだというので当日朝にドタキャンされた。事前に分かっていたにもかかわらず当日の連絡とは。

 雨だったので、体調不良を理由にして断ろうとしているのだろうなと思った。舐められている。彼は友人ではあるものの信頼していない。平気で人を裏切るタイプだ。

 にもかかわらず、体調が良さそうであれば飲もう、いつでもウェルカムと伝える。この辺りが私の弱さだ。不満を溜め込んでも、それを伝えることができない。そして、彼のような小狡い奴に利用される。

 結局、飲めることになった。時間は21時から。彼から謝罪の言葉はいっさいない。彼はプライドが高く、自分の否を認めない。それは良いことでもあると思う。ただし、友人として付き合うのはストレスフルだ。

 

 安い店で飲んだ。彼が安いと言っていたが、実際に安かった。「優駿」という店。適当な話をした。大学時代と変わらないノリ。

 彼はフリーで仕事をしている。仕事は順調らしい。しかし盛った話をしていたように感じた。スケールの大きい話ばかりする。また、知らないことを知っているように話しているなとも感じた。

 これが彼の悪いところで、そうされると深みのある話に発展しない。ウソが混ぜられてると思いつつ、感心するようなリアクションしかできない。触れてしまえば、彼のウソが露呈し、感情的になった彼が何か言い立てる。だから彼の周りには、レベルの低い人間しか集まらなくなるのだと思う。まあ、私が言えたようなことではないが。

 知らないことを知らないと言い、教えを乞うことがなぜできないのか。こういう奴は男性に少なくないように思う。そして、そういう奴らは大概、優秀ではない。優秀な人は学ぶことに謙虚だ。

 

 二軒目に行く。実は一軒目はおごってもらった。

 ここで泥酔して醜態を晒した。かなりひどかったように思う。女の子に声を掛け、知らない人に怒られ、私の代わりに店主が謝罪、また客と口げんかし(よくわからないが、最終的に頭突きをし合っていた、あとその人の彼女とも揉めた、半分冗談めかしたような口論だったが)、友人に暴力を振られた。

 もう友人との縁はこれで終わりでも良いと思う。少なくとも今後1年くらいは連絡取らない。投げ飛ばされたことで、怪我をさせられ、時計を壊された。酔っていたとはいえ、暴力をふるうのはおかしい。

 とはいえ、今回のことで学ぶことは多かった。箇条書きにする。

 

  1. 飲み過ぎはよくない、判断力低下が著しい
  2. ワインをこぼしシャツをダメにした。ワインの染みは落ちない
  3. 件の友人を反面教師にして、自分の振る舞いを改めたい

 

 1に関して。

 私の振る舞いは、他人の目からは異常に映っていた。にもかかわらず、自分では冷静だと思い込み、面白いとさえ思っていた。これがお酒の怖いところだと思う。

 こうした振る舞いは二十代であれば可愛いものだが、三十代となっては痛々しいだけ。現実的ではない大口を叩く33歳とかダサ過ぎる。

 

 ついで2に関して。

 これは本当に落ちない。漂白剤も効かなかった。1000円で買った安い古着シャツだったからよかったが、買ったばかりで気に入ってもいたので悲しい。素材が薄く貴重だったんだ。本当にもったいない。

 

 最後に3に関して。

 友人に対して辛辣な意見を書いたが、これは同族嫌悪的な意味合いもある。

 (1)知らないことには謙虚な姿勢を取り、(2)盛った話で自分を大きく見せようとしないようにしたい。それと(3)人の話を聞く姿勢をちゃんと持ちたい。

 あと、私は人から異常に舐められやすい傾向があるので、舐められないようにする必要はないとしても、そういう傾向があることは意識しておきたい。

コピー作成に役立つ作業フロー

ランニング

  • 体重:44.0㎏
雨ゆえに走らず。
 
 

仕事の反省点

自分のコピーセンスの素晴らしさに感動する。考案した作業フローが良いのだと思う。今日もほぼ一発で通した。フローは下記。
他の仕事に使えるように、やや表現をアレンジしてあります。
 
  1. 対象の特徴を書き出す(10分)
  2. 書き出したものを見ながら、フックとなる要素を3つ書き出す(10分)
  3. それを足がかりに、感情の赴くままにコピーを書く。7案くらい(10分)
  4. 優先順位を付ける
  5. それを2案に絞り、別の方向性の1案を追加する(10分)
  6. 3案にそれぞれ煽り、サブを加えて整える(20分)
 
ちょっとわかりづらいけど、まあいいや。
このフローが優れているのは、(1)時間を制限している点、(2)途中で別視点を入れるという2点。
 
(1)の利点は、時間を無限に浪費しがちなクリエイティブ作業にメリハリをつけられること。長く考えていれば、良案が出るわけではない。
 
(2)のステップを入れておくと、外部から受けるであろうダメ出しをあらかじめ織り込むことができる。また、コピーに深みが出るし、プレゼン時に説得力のある説明ができるようになる。
 
なお、提出を3案にしているのは、様々な可能性にトライするため。
流行りの路線か、売れる路線か、俗っぽい路線か、科学に裏付けられた路線か、はたまた自分の美学か。挑戦できるチャンスを減らすのはもったいない。
が、多すぎてもいけない。上司が判断に迷うし、自分もブレてしまうから。こいつは何がしたいんだ? もしくは俺どうしたいんだっけ? という事態はもっとも避けたい。3案くらいがちょうどいい。ただし、プレゼン時にボツ案を並べて、残した案の有用性を主張するのはかなり有効。
 
と、コピー考案に関し一家言持つようなった私とは対照的に、コピーに手こずったまま疲弊している同僚がいる。
何度も上司に撥ね付けられ、追い詰められたような顔していた。疲れているし、仕事が楽しくないのだと思う。私もずっとそうだったからわかる。
 
 

日記

覚えていない。遅くまで仕事した以外には何もしていないか。 
 

美人営業さんとガレット食べた

ランニング

  • 体重:54.4㎏

走ってなし。飲んだので。

 

仕事の反省点

  • 作業量を逆算して効率的に進めたのではないか。しかし年内スケに間に合うかしらん。心配。
  • メンヘラレーターを華麗に動かす。なんかこの仕事してるとモテるようになる気がする。だって気遣いばっかしてるもの。メールも電話も隙ないし。この一年でめっちゃ変わった気がする。
  • 飲むために仕事を後ろ倒してるので、明日は死ぬ気でやんなきゃだめやねんで、と自らにプレッシャーをかける。

 

日記

人材派遣会社の美人営業さんと飲んだ。

人材派遣の仕事は辞めるらしいと聞いていたので、待ち合わせて会ってすぐその話を振ると、つらつら話し続けた。息切れするほど。歩きながらガレット屋に向かう。道に迷う。ダサいな、私。

辞める決断をしたのは、上司とけんかしたから。入社二週間で。年齢に比して危なっかしい人だなと思った。

 

ガレット屋で美人営業さんは水を一気飲みした。あと、ガレットもすごい勢いで食べてた。食べるの好きなんだと思う。私より飲み食いの早い美人。変な人だと思った。

ガレット屋は私が出した。4000円。頭を軽く下げられたが、奢られ慣れてる感じだった。映画のパンフレットを見せられた。これ面白そうじゃないですかと言われて、誘ってるのかなと思ったが、そういうことが自然と出来る人なのだろう。

駆け引き上手のように感じるし、天然にも感じる。たぶん後者だな、なんて思ってしまう私は、きっと甘いのだろうなと思う。たぶん、このことを女子に相談したら、天然の訳ないじゃんと言われそう。

 

次にバーに行った。ボブ・マーリーのレゲエな雰囲気のところ。美人営業さんは気に入ったようだった。彼女は紅茶の泡盛、私はコーヒーの泡盛を飲んだ。

それぞれの仕事のこと、恋話、家族の話など話した。彼女の家族の写真を見せられた。外人のような容姿の母親、ファンキーな感じの妹、その彼氏だという白人男性、仕事の出来そうな弟、という写真を見て、なるほど、故に彼女はちょっと変なのかと納得した。外人っぽいというか、他人のリアクションに無頓着というか、マイペースというか。

 

あと、興味深いなと思った話はなんだろう。

結婚登録所に登録していて、そのお見合い写真を見せられて、超ダサかったのが面白いなと思った。そこはハイスペックなところで、最低ランクでも年収一千万の男性を紹介してくれるらしい。何度か会ったらしいが、もう登録辞めると言っていた。

最後に、クリスマスの時期に会う約束をして、あ、あと今週末にホームパーティにお邪魔するような話をしたんだった。こういうところも外人っぽい。

 

素敵な人だなあ、というか、こういう人好きだなあと思ったのだが、付き合ったら大変そうだなあとも思う。まず金銭感覚が違いそうだ。おそらく生まれも育ちもセレブだ。お金にも容姿にも、ご家庭にも恵まれ、ひねくれることなく、まっすぐ育った感じ。

バー代も私が出し、6000円。彼女はタクシーで帰っていった。終電あるのに。

なぜアラサー男子は水曜日のカンパネラに魅了されるのか

「水曜日のカンパネラ」にはまってる。きっかけはヤフオクのCM。
 おいおい、イマドキってるファンキーな子だなあ、と思っていた。
なお、このヤフオクのCMに関しては、なんとなくモヤついたものを感じており、そっち系のマーケティングね、松田美由紀といい、オダジョーといい、アーバン背伸び系(←造語)で、メルカリを迎撃しようとしているのか、って、その攻め方ちがうんちゃうんかしら。広告代理店にそそのかされたのか? ヤフオクはもっと泥臭く攻めていいんじゃないか、と思っていたりしますが、それはまた別の話(cv:森本レオ)。
で、「水曜日のカンパネラ」のフロントガール、コムアイに話を戻して。ともあれ、上記のような流れで、彼女のことが、、、
 
→ だんだん気になるようになり、
→ 昔からこういう子好きになる傾向があった、になり、
→ 動画を検索
→ ふーん、こういう系統ね
→ 距離を置きながら気になるようになり、
→ アラサー男子に媚びたような歌詞だな、と斜に構え、
→ 繰り返し同じ動画見て、時間を浪費
→ なぜだか知らないけど、胸がきゅんきゅんする
 
という、中毒症状を表すようになったのが昨日のこと。ずっと見てたのは下記の動画。
「きびだーん」でクネクネしてるのがかわいい。何あのダンス、めっちゃファンキーやんけ。少年っぽい声もいい。
 
上にも書いたが、アラサー男子狙い撃ちの歌詞も素敵。
上の動画の楽曲「桃太郎」に天外魔境2」というワードが出てくるのだけれど、これは、私ら世代における、わかってる奴を選別するようなキーワードみたいなもので、この作品を評価できる奴はセンスがいいみたいな風潮がある(私の中では)。レトロゲームワードで、ただサブカってるのとは訳が違う。
あと「イヌとサルは仲違い、キジは戦力外」の、小ボケライムが良い。キジの切なさが笑いを誘う。
 
ともあれ、「水曜日のカンパネラ」の魅力を大いなる部分を担っているのはコムアイで間違いなく、彼女の存在感によってここまで世間一般に波及したのは疑いようのない事実、私も彼女の妙な魅力に感染し、ハマってしまった一人なのだが、その根幹で、楽曲クオリティ&世界観をかなり計算して維持しているのが、トラックメーカー&リリック担当の人。言ってしまえば、コムアイはキレイな人形みたいもんでしかない。
その人は、ケンモチヒデフミで、元Hydeout Productions所属の人。ここは、ヌジャベスも所属していた事務所。どうりでいろいろハイクオリティな訳だ。81年生まれと、世代的には私に近いし、感性がハマってしまうのもうなづける。
 
で、総括。というか、タイトル詐欺なほど、タイトルの命題に触れてない。下記にまとめる。総括にもかかわらず、ここに来て新規の情報多数。まとめ下手でごめんなさい。
 
〈1〉歌詞に、アラサー世代に馴染み深い、ニッチな(知る人ぞ知る)ワードが織り込まれている(桃太郎以外にも、いろいろ)。サブカルの上澄みをすくってるだけじゃないよ感が、ちょうどいいんだと思う。
〈2〉楽曲クオリティは、Hydeout Productionsクオリティ。良くない訳がない。
〈3〉あの脱力歌詞を、コムアイというキャラが歌うというパッケージングがよいんだと思う。でも、これって、アラサーから見た、サブカル少女の理想のイメージでしかないよね、とも思う。彼女の本質的な部分って、歌詞や楽曲で表現されている雰囲気とはちょっと違う気がする。普通にリア充だと思うし、天外魔境2は知らないと思う。
 
以上。
そして、最後に懸念点。
音楽業界がここまで下火で流行り廃れが激しいと、この業界で生きるって決断をするのは非常にリスキーだと思うんだよね。
そんな時代に、ある種の偶然だったり才能の開花の瞬間みたいなものだったり、トレンドだったりが合致して、ひょいっと世に放たれスポットライトを浴びてしまったコムアイさんが、今後、どういう進路を取るのかがちょっと気になる。ま、でも最近の子は、ここらへんシビアに考えてるし賢いから、ちゃんとリスクヘッジしてるんかしら。慶応だっていうし、就職もリアルに考えなきゃならん年頃だし、どうなんかしらと、老婆心ながら思った次第。まあ、どうでもいけどさ。
 

酒は飲まないほうが良いと思った

ランニング

  • 距離:10㎞
  • 時間:51m
  • 体重:54.5㎏
 
久しぶりに走った。気持ち良かった。毎日走りたい。とりま、お酒を飲むと、下記のマイナス点がある。
 
(1)走らなくなる
(2)ストレッチしなくなる
(3)眠りが浅くなる
(4)読書等、やりたいことが出来なくなる
(5)お金かかる
 
少なくともこれだけのマイナスがあるので、家で一人で飲むのはよくないと思った。人とのつながりにならない飲みは控えたい。
 

仕事の反省点

校正仕事は後ろ倒しスケジュール。会議でボケをブッコむ。笑いを取るもふわっとさせてしまった気がする。
賢い人を説得するには俗っぽいネタよりも、彼らの知らない知識を投入すべき。自分の得意分野であればよいのだけれど(芸能、テレビなどが好きだけども)。あと、資料は裏取りしっかり。選考対象の年齢等の情報を調べておこうと思う。
 

日記

若干太ったような気がする。私もしてるが、糖質制限ダイエットしてる人多いなと感じた。会社の食堂で、米なし飯の男性をよく見たから。
米農家やばいやんと思う。この変化を先読みして、株で儲けられんかしら。と考え、糖質制限に力入れてる会社物色中。ソイジョイ出してるとことか。

ハゲP 無双の日

ランニング

今日も走ってなし!
 

仕事の反省点

納品先でトラブル発生。対処の順番をやや誤ったものの、つつがなく対応できた。

経緯としては、まず納品先から電話があり、データ不備のため作業が進められないとの連絡を受けた。その場ですべき判断は、二択。

 

〈1〉強引に作業を進めるか(こちらが望んだような仕上がりにはならない)

〈2〉修正データを送るか

 

後者がベターなので、そこでいつまでに修正データが必要かのリミットを聞くと、30分以内にデータを送ってほしいとのこと。無理。

 

〈3〉完品スケジュールを遅らせ対応

 

という三つ目の選択肢も視野に入れ、その際かかる費用および、どの程度時間の猶予ができるか聞き出す。費用は+数万円。猶予は無回答。現場と確認後連絡をくれるとのこと。

切電後、上長に報告の上、部長にもお声掛け。その後に、ゴミデザイナーに架電。トラブルの経緯を伝え、リミット30分以内ということを伝え、修正にかかる時間を聞き出すと、手前のミスだと自覚し反省しているのか、30分でやりますと回答。やればできるやんけ馬鹿。

一つ反省。部長報告の際、急ぎの対応が必要であるにもかかわらず、癖で「お時間のあるときに」の前置きをしてしまったため、結果、事後報告という形になってしまった。そこでまた叱責を受ける。以後、気をつけたい。

その後、ゴミデザイナーから、再度ミスのあるデータが送られてきて、こちらで修正して再納品。

おっかけで再出稿のスケジュールの確認をするのを忘れた。明日、朝一で対応したい。

 

日記

通勤、山手線大幅遅延。
その原因なのか、渋谷駅で痴漢で取り押さえられたらしい男性を目撃。駅員に尋問されていた。その隣には、被害者らしき女性。震えていたように思う。男性は身なりがきちんとしており、痴漢をするようには見えないなと思った。とのことを、会社で話すと、周防監督の「それでも僕はやってない」の話になった。
 
いつも居酒屋のランチでサンマを食べた。
サンマは中国・台湾で大人気になっており、あちらでは600~700円ほどで食べられているらしい。そのため、近々日本でも安くは食べられなくと思っていたので、味わえてよかった。
そうそう、この店の料理人が先日クビになった。理由は、酔って出社できなかったため。その失敗は、これで何度目かわからないほどしている。私がこの店に通うようになってからは二回目。前回やったときは、減給処分を甘んじて受け入れ、心を入れ替えて精進していたはず。それからまだ一ヶ月ほどしか経っていない。今回ばかりは、大将も許してあげないみたいだ。
料理人がそういう境遇になった一方、ホールスタッフの人が出世した。次の出店があれば、その店を任されるような話も出ているとのこと。夜の展開で、バーをする話もあり、その場合も彼を店主にしたいとも言われているらしい。
 
就業中に、急遽飲みに誘われた。ハゲP絡みで女性を紹介してくれるとのこと。飲みの誘いは断らないが基本スタンスなので、仕事は忙しかったが、二つ返事でOKする。仕事のスケジュールは、to do リストを後ろに倒しまくって対応。なんとかなるのか。不安だが、仕方なし。
女性は、ベンチャーの人事の人。むかしは随分モテたらしいと聞いていたが、なるほど美人だった。アラフォー。
ハゲPが、アメリカンな感じで、終始論破していくので、人事さんはちょっとつまんなそうだった。ハゲPの振る舞いは、勝間和代を論破するひろゆきを思わせた。
11時まで飲んで帰宅。人事さんとまた飲みましょうと言って別れた。
 

小料理で会った女の子とまた飲んだ

ランニング

もはや走る気なし。

 

仕事の反省点

早朝出社、全く校正はかどらず、早く来た意味がない。そのまま校正者にパス。申し訳ない。てか、いつも思うが、校正の効率化について本気で考えたほうがいい。

 

 (1)校正の効率の悪さ

 (2)誤字・脱字タイプ

 (3)誤字・脱字の見逃し

 (4)言葉の誤用

 (5)就業中に笑顔がないこと(大枠で言うとコミュ力に問題あり)

 (6)説明、説得における隙の多さ(自信のない振る舞いが原因)

 (7)理解せずに曖昧なままにする癖

 

上記7点が最近の課題であるなと思う。書き出すなどして、もしくはEvernoteのToDoリストに書いておくなどして、常に目にするような環境に置き、改善していくように意識していきたい。

出稿遅延の件を印刷所に確認するも、ふわふわした対応。ちょっと心配。

12月分の仕事と平行して、1月分の仕事を進め、精神不安定なレーターさんとやり取り。ラフ提出が遅れた言い訳をつらつらと書き連ねたメールをもらい、めんどいのでそのままプリントして上長に相談。いくらか修正を指示。メールでは褒めまくっておいた。が、返信なし。こっちも心配。

電話で著者さんと話す。おだてて走らせる。最近こういう役回り多いなと思うが、嫌いじゃない。「素晴らしい」「グッド」「天才じゃないでしょうか」「売れてますよ」「絶好調です」。よく言うフレーズ。

私は上記のようなおだて言葉が嫌いで、言われても何も感じないどころか、不愉快にさえ思っていたのだが、世の中の大多数はそうではないかもしれない。最近気付いた。

こういう社会とのズレに気付くのは大事。自分を曲げる必要はないが、普通とは違うと認識しておくと、いろいろ役立つ。

 

日記

以前、小料理で出会った女の子と飲む約束していた。遅れて行ったが、いなかった。来るまでカウンターにいた50代くらいのおじさんと話す。あっちから話しかけられた。赤ワインばかり飲んでいたら、「白は飲まないのですか?」と問われた。

おじさんによると、この店は30年くらい前からあるらしい。彼は、ここに14年くらい通っていて、この辺りに勤めていたのが通うようになったきっかけ。職場を変えても来ているのだとか。一番遠かったときは川崎から通ってきた。今日もわざわざ途中下車してやって来た。住んでいるのはたまプラーザ。そっちのほうには、新しい店はあるが、この店のようなところはない。

カレーの話をきっかけに、インドの話になった。さらに突っ込んて聞いてみると、彼はIT関係の仕事をかつてしており、インドで仕事をしていたことがあったそうだ。少し誇らしげだった。

その間に、件の女性が来た。約一時間遅れ。思っていたよりも背が高かった。かなりボーイッシュ。というより、なでしこジャパンだなと思った。この前は泥酔していたからわからなかったが、タイプではないなと思った、完全に。

遅れた理由はいろいろあったらしい。あなたなら許してくれると思ったと言われて、そういう印象を持たれるのは嫌だなと思った。

何の話をしたかはあまり覚えていない。彼女が中国に行く可能性があること。あとは、仕事のトラブルの話。かぶる業界だから、共感できることが多かった。テレビで、某団体所属タレントが映り込むと、それだけで数十万請求されるとか。

奢ることになった。来るの遅いから、こちらが随分飲んだので。と思ったが、二人で9000円になっていて少し凹んだ。

帰宅後、ラインが来た。今度はお金払わしてくださいとのこと。次あるのかしら。どちらでもいいや。しかし、誘うのは私のほうからだろうな。

実家か、いや違うどこかか。ともかく和室で、布団が敷いてあったように思う。

黒髪の女の子がいて、芸能人だったような気がするし、知り合いの誰かだったような気もする。その子と私はキスした。それからどうなったのかはよくわからない。

気付くと、タレントの菊地亜美がいて、布団に横になったまま、私は彼女を後ろから抱きしめていた。それで、黒髪の子に申し訳なさを感じながら、菊地さんともキスした。その唇の感触が柔らかくて、妙に生々しかったのを覚えている。この辺りから、これが明晰夢だという自覚が出てくる。

そのあと、さらにいやらしいことに発展し、体を洗っていないのに、あんなことやこんなことなどさせ、女の子はこうなってしまえば、意外に受け入れてくれるものなのだな、などと考えているところで目が覚めた。

久々にいやらしい夢を見たのでキテんな思った。キテる。にしても、なぜ菊地亜美なのか。嫌いじゃないけど、そういう目で見たことない。