読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランログ

ランニングのためのログと日記。

ナンパものAVに美女が増えた理由と質的変化の考察

AVはもっぱらナンパものしか観ないのですが、最近のそれの美女率の高さに驚いてる。みんなかわいい。おかしい。

f:id:acid_A:20151025081819j:image

「かわいすぎる豆腐屋」として話題になった素人美女。その後、桃谷エリカとして一躍人気セクシー女優に。昨年に引退したという説も。

 

▶ ナンパ技術が向上してるから

主因はナンパ技術の向上らしい。これは本で読んだ。たしか中村敦彦さんの新書。ナンパ師のテクにより以前はAVに出ないレベルだった美女が引っかかりやすくなったらしい。おそらく恋愛工学の進化と比例関係にあるくさい。

それに加えて、AV出演に対する女性側の心理的ハードルが下がったこと、さらに周りの男性の草食化によりAVであっても抱かれたいという女性のニーズ(だって、口説かれないんだもん!)も原因として考えられる。

 

▶ 内容も変化してる

ともかく、昨今のナンパものAVはビジュアルの向上が著しい。これには多くの賢兄もなっとくしていることであろう。さらにそれに加え、最近のものは、内容自体も格段によくなっていると感じる。


過去において、ナンパものAVは、高額謝礼をちらつかせて行為に持ち込むというのがスタンダードであった。だが最近は、よりリアルな男女の駆け引きが見られるようになっている。もちろん未だに高額謝礼タイプのものも多いが(もっと多いのが下着チェックのテレビ撮影をフリをするというもの)。

ともかく、過去と現在におけるナンパAVの内容の変化は下記のようになっている。

 

 ❖ 過去の場合
  ・謝礼をチラつかせる(おそらく5万未満。上物で8万のケースもあるかも)
  ・ハイテンション系。「〜系」「少し」「〜感じ?」などの

   曖昧語を多用することで、セックスへの警戒感をうすれさせる。

   →セリフ例:「さっくり系で!」「手ぶら系いっちゃう?」
         「2センチだけ!」
         「生系も大丈夫系な感じでいっちゃう系?」

  ・男がうっさい。気持ちわるい責めワードを言ったりする。

  「すっごい濡れてるよ」「スケベだねー」とか。

  ・やたらいかせたがる。性行為というよりアスリートっぽい。

 

 ❖ 最近の場合
  ・男に清潔感あり、しゃべりも優しく気遣い上手い。
  ・初めてのキスまで流れがおしゃれ。恋愛ドラマのよう。

   例:指からめる→指が唇をかすめる→女性キスしたいオーラ出す

     →指で唇に触れる→じらしてからの→突然、濃厚なキス

  ・行為自体も、乱暴な感じではなく女性を尊重している感じ。
  ・行為中は、男は無駄なこと言わない。

 

▶ 業界勢力図にも影響

こうした変化は、AVメーカー業界に構造の変化をもたらしていると思う。ナンパ師(=AVスカウトマン)の能力の高さが業績に直結しているのではないか。

素人美少女メーカーを謳ってきた「プレステージ」の躍進は、ひとえに上記のためではないか。本当にこのメーカーには美少女が多いと思う。 

どの時代においても、AVに「美少女」が求められるのは揺るぎない。その「美少女」を確保できるナンパ師(もしくはスカウトマン)を抱えているか否かが、今後のAVメーカーの浮沈を左右するに違いない。