読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランログ

ランニングのためのログと日記。

サボりプチ贅沢、ねむようこがわからない。

ランニング 日記

ランニング

  • 12.16km
  • 1:05:57
  • 54.6kg

ランニングをさぼって、飲みに明け暮れていたため顔がパンパンにむくれている気がする。そもそも今日は坂東ハーフマラソンに出場予定だったはず。が、酔いが残っていたためサボるはめに。

今週こそは毎日10km走るようにしたい。できるかな。

 

日記

上記のとおり、マラソン大会をさぼる。

昼まで寝て過ごし夕方にランニング、買い物に行って、前から欲しかったコーヒー豆やらフライパンやらを購入した。今日マラソン遠征のために使う用にとっておいた金が浮いたため。ほんのプチ贅沢。

 

ねむようこ午前3時の危険地帯」を読む。

f:id:acid_A:20151109013239j:image

※装丁がかっこいい。名和田耕平デザイン事務所装丁とのこと。

 

拒絶反応を覚える。地味系女がイケメンにちやほやされたり、恋されたりする都合の良い展開がダメだった。

男からすると、恋に奥手な地味系女に手を出すのは性欲とプライドの天秤問題であって、それを純粋な恋愛にされてしまうのは、はっはんと笑けてしまう。と言うと相当性格が悪そうだが、きっと多くの男性は納得してくれると思う。いや、タイプの問題でもあるかな。まあいいや。

あと気になったのは、次のいくつかの点。

仕事に平気で恋愛事が絡みまくってきて業務支障をきたしてる点。こんな会社だめだろと普通に思ってしまう。

ついで残業や徹夜が常態化し改善されないどころか時として美化されてる点。これはこいつら全員マゾかバカか、もしくはその両方なんじゃないのと思ってしまい、冷静な読解を邪魔する。恋の話に夢中になれない。

また、女たちがそろいもそろって面倒くさい点。勝手にトラブルを創出して、トラブルの渦中に飛び込み、自分の本当の気持ちがよくわからないなどと抜かす。こんな宇宙人と通常のコミュニケーションをとろうと思ったら、こちらの身がいくつあっても足りない。ここに出てくる美人も、地味女も、税理士のしっかり者子ちゃんもすべて面倒くさい子たちで、仮にこれが女の本質であって、これに共感できない私に非があるのであれば、私はこの先一生、女性と付き合うことは無理かもしれない。

 

■ 2〜3年先の未来について考えたい

校正の宿題をせぬまま今に至る。さっき気づいたのだが、昨日もらった大事な名刺をポッケに入れたまま洗濯してしまった。困ったな。ごめんS永。他の人もすまん。

 

これから少しばかり校正をして、時間があまれば金原ひとみ「マザー」を読み、それでも余裕があってら、将来について、といっても少し先の2〜3年くらいのちょっと未来について考えてみたい。領収書でご飯食べられるようになりたい。