読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランログ

ランニングのためのログと日記。

三連休、エースース買って、誕生日を祝われた

日記

またもや日記をためこんでしまった。三連休をまとめて振り返る。

 

❖ 土曜にあったこと→エースース買ったった

この日、携帯を買い換えた。

ちょうど2年しばりが解けるタイミングだったから。ちなみに2年しばりが解けた後に一月以上放置しておくと勝手に契約更新され、さらに2年しばりが発生するため要注意。解約金で1万円くらい取られる。不安な人はいますぐ店頭に行ってチェックしたほうが良いと思う。

こう考えると、大手インフラ系の商売ってほんとにボロいなあと思う。こんな悪条件をさらっと突きつけているのだから。

前日にMNPの番号をもらうためにソフトバンクに電話したのだが、マニュアルを長々と読み上げられ、番号取得までに十数分かかった。電話での問い合わせでストレスを感じなかったことはない。

 

買ったのは、asus(エースースって読むらしい)のZenFone 2 Laser。

www.asus.com

ZenFone 2シリーズの最廉価バージョンで、前に発売されていたZenFone 2よりもスペックが劣る。ゲームしない、写真にこだわりない、そんな私のようなユーザー(電話、ネット、メモ、音楽くらいしか使わない)には、必要十分なスペック。

何より価格が安い。28,000円。iPhone 6Sが10万円を超えてしまうのだから、ずいぶんお得感がある。

あ、そうそう。最初に書き忘れていたが、大手キャリアから離れて格安SIMへ移行する。まだSIMが届いてないので、がっちり使ってるわけじゃないが、現時点での印象で、メリットとデメリットを書き出しておこうと思う。具体的に「iPhone 5Sから乗り換えてAndroid端末でSIMフリーになることの長短」。汎用性はないと思う。

 

◉メリット

  • 月の携帯料金安い。通話機能あり、通信データ3Gまでで月1,500円ほど。これまで月1万円くらい払っていたので、端末分割代差し引いても6,000円くらいは毎月お得。他のデメリットの全てがかすむほどすごい。

 

◉デメリット

  • インターフェイスが使いづらい。これはAndroidの問題。逆を言えば、iPhoneの洗練されていたインターフェイスがすごい。時間をかけて、使いやすいものに改良していきたい。
  • アフターサービスが心配。大手キャリアのように店頭窓口が少ないのが今後心配。なので、「ビックSIM」というビックカメラが提供してるサービスを利用することにした。上にも書いたが電話窓口はストレスフル。店頭窓口の充実は重要。
  • アクセサリの選択肢が少ないiPhoneやメジャーなAndroid端末は、ネットにも店頭にもフィルムからカバーまで無数の選択肢があるし、何より100均にも置いてある。が、エースースは皆無。アマゾンに数点ほど。しかもそこそこ高い。

 

汎用性なしと書いたが、意外に役立つ情報なんじゃないか。よくあるくそみたいな、PV稼ぎたいだけのまとめサイトから、拾ってきたのような情報じゃなく、私個人の意見だし。私も私なりにいろいろ調べて書いたし。

端末購入後、iPhone 5Sの売り値を知りたいと思い、中古買取店を回る。価格は5,000円。ソフトバンクで機種替えをして、下取りにすると24,000円くらいにはなったので、くやしい。もう少し店舗を回ってみようかなと思う。5,000円ならこのまま売らずに持っていよう。

二店目に訪れた中古買取店のおじさんと話し込む。査定後に、私がSIMフリーにするとどんだけ安くなるかをプレゼンしたら、いたく感心していた。「そういう時代になるのかね」と言うので、「そうです」と私は自信を持って返答。が、付け焼き刃の知識なので本当のところはよくわからない。なお、おじさんは「家族四人で電話代が年間で60万円かかってんだよ」と言っていた。

夜。仕事に行こうと思っていたが、行けず。

 

❖ 日曜にあったこと→誕生日祝われた

朝走った。馬事公苑に行ったら馬がいて感動した。

走っていたら馬の歩く砂地に迷い込んでしまい、馬たちと並走することに。刺激しないように忍者のように足音を消して走る。馬の美しさに驚く。

昼、古着屋で衝動買い。目の覚めるような青のパーカーに具足のようなよくわからない装備が付いていた。2,000円。また五本指シューズというわけのわからない靴を20,000円で売りつけている日本メーカーの革靴を500円で購入。五本指には分かれていないが、そういう感性を持った会社の作る商品なのでどこかダサい。

 

夕方。

脂顔カップルに誕生日を祝ってもらう。二子玉川の改札で会うと大学生みたいな服装だと言われた。プレゼントを買ってもらう。アロマ。瓶に木の棒を立てて匂いを楽しむ。匂いの種類はバンブーを選んだ。脂顔のオススメだったが、それでいいと思った。実際に良い香りだ。私の好きな匂いランキングは、1位笹、2位柑橘系。竹も悪くない。

その後、行きたいと思っていたイタリアンに連れていってもらった。ワインカフェという名の店。隣ではおじいさん×3、おばあさん×3の合コンが行われていた.「ボジョレーに乾杯!」とダサい乾杯していた。座り方は男女が交互。微笑ましくなった。金と学歴の話をしていた。生々しい。

脂顔は高級ワインを持込み、私の誕生日を素敵に祝った。大人だなと思った。飲み過ぎて、あまり良くない振る舞いをしたように思う。最近、深酔いし反省することが多い。飲んで言動を忘れることを脂顔から叱責された。ムッとした。反論するのも馬鹿らしい。面倒だから忘れたことにしてあげてんだろうがと思う。

お会計は17,000円。奢ってもらったが、嫌な借りを作ったようで気分が悪い。

 

❖ 月曜にあったこと→仕事した

マラソン大会をサボり、夕方に出社。仕事の多さに焦っている。下記の曲を聴きながら仕事をする。

www.youtube.com

ラップ史におけるニコラップの立ち位置を、歴史的にどの流れに源流があるのか、ちゃんと整理し、マッピングしたいなと思った。そういう仕事をしている者はなく、たぶんその必要性も感じられていないだろうと思う。テキストにまとめてる人もいるかもしれないが、可視化されてない。そもそも日本語ラップ情報が少なすぎる。ずいぶん探したが、役に立ちそうなものは、youtubeのコメント欄だった。

かつては音楽誌に文化的影響力があり、有能な書き手がそういった仕事を担っていた。が、昨今では音楽に歴史や流れがあることさえ認識されぬまま消費され続けている。

べつにそれで問題はない。だが、好きなバンドが、ラッパーが、気付くと活動をやめていたのを知ると悲しくなる。なぜ彼らを生き残れなかったのか。

音楽では食べれないから。配信の時代だから。若者が音楽を聞かなくなったから。そもそも音楽の作り手としてセンスがなかったから(それを評価してしまう私のセンスも時代遅れで磨耗しているのか?)。

それらを知るために、調べたいと思った。