『メイドインアビス』は、ナウシカmeets萌えアニメ

※タイトルはちょっと煽り入ってます。普通の感想なのであしからず。ネタバレはありません。

 

メイドインアビス』を観た。アニメで。
観た理由は、アマゾンプライムで見られたから。それと、知り合いがツイッターで面白いとつぶやいていたから。その人が、グロいと言っていたのも気になってた。元よりキャラ絵がかわいいのは知っていたので、グロいというのは意外だなーと感じて。

で、実際見てみたわけだけど、思い出しただけで、ぎゃーと声を上げたくなるほど面白かった。アマゾンプライムのレビューもほとんど星5つの評価ばかり。でもそう評価したくなる気持ち、すごくわかります。
話は良いし、キャラは素敵だし、なにより何あの世界観! 狂っていて美しい。すごく大胆なたとえをすると「ナウシカ meets 萌えアニメ」という感じ。アビスの歪んだ美しさは腐海を連想させるし、異常な発達した独自生物は腐海に棲まう蟲たちを思い起こさせるなあと。
そして、例の第(ホニャ ※ネタバレ防止のため)話。すごすぎる。動画、思わず停止しちゃったもの。しばらく再生できなかったし。マドマギのマミさん的な、エヴァの使徒捕食シーン的な衝撃が。


とはいえ、この作品は別の意味でも物議を醸しそうだなとも。
気になったのは、ロリコン的なエロさがかなりある点。そして、とある登場人物を殺してしまう点。

前者については、まあ、子供を性的存在に描いてしまうのはいろいろ危険なわけで、それもちょっと度を越してるかなと思った。人によっては不快感を覚えてもおかしくなさそう。原作編集サイドはブレーキかけなかったのかな。竹書房さんだし、うーんまいっか(これは褒めてます)。

でも、この部分で逃してしまう層がかなりいそう。ロリコンに対する世間一般の拒絶というのはずいぶんと強烈なものがあるので、この部分があるために作品が一深夜アニメの枠を越えて評価を獲得する障壁になるかも。


続いて後者のほう。物語の中でとある登場人物を殺すことになるのだけど、これは見ようによっては、人間性を失った存在を殺すことを結果として支持してるようにも取られそう。
もっとわかりやすく言うと、障害者、被介護者、脳死者、植物人間、そういった存在の否定が自然と感じられた。もちろん積極的に支持しているようには描かれていないし、殺すには殺すなりの理由が説明されるんだけど、上記の存在に関わっている方がこのアニメを見てどう感じるだろう。いい気持ちはしないだろうなあと思いました。

原作がwebで読めたので、ちら読みしたのですが、まあずいぶんエロティックな感じなんだね。なんだろ、直接的な表現をするなら、抜きどころが意識されて描かれてるんじゃないかとさえ感じた。


上では、ロリ部分は排除したほうが良いかな的な意見をさりげなく匂わせてみたけれど、じつはこの作品の根幹の部分なのかもと思い直しました。
グロ、エロ、ロリ。その3要素がかなり重要なのかもね。なんか同人誌っぽい感じ。もしかしたら、同人誌的な文化にかなり造詣の深い方なのかも、原作のつくしあきひとさんは。


ともかく、こういう作品が世に出て評価されるのはほんと良いことだなあ、と思う。こういう作品というのは、なんかこう、心にわだかまりを残すようなもやつく感じ。出自不明な感じ。
シーズン2もあるようなので楽しみにしてます。